新人で転職すると失敗する?

初めて就職した職場を辞めたいと感じている新人薬剤師は多く、たいていの人は一度は退職しようか悩まれるとしています。そこで様々な理由としていますが、厳しい国家試験に通過し薬剤師となったのですからそれなりの事情があったのではないでしょうか。そして新人で薬剤師転職は失敗しやすい?1年以内の退職者は再就職の際には不利になる?不安となる人も多いようです。

結論から言えば転職を繰り返している人も例外ではありませんが、1年も満たない新人薬剤師の転職はかなり不利としているようです。しかし昨今では薬剤師不足は今だに深刻としている地域もありますので、若い力と今後の成長を期待するとしているところもありますので安心してくださね!

しかし早くに就職先をゲットしたいがために、雇ってくれるならどこでも良いとした考えではまた失敗してしまう恐れもあるようです。そこでここでは新人薬剤師の転職で成功する秘訣を紹介したいと思います。

新人薬剤師の退職理由とは?
  • 職場での人間関係が上手くいかなかった
  • 上司や先輩に毎日叱られてストレスを感じる
  • 同僚や先輩からのいじめ
  • 周りや同期の給料を比較すると安い
  • 時間外勤務やサービス残業が多い
  • 休日が少なく自分の時間がもてない
  • やりがいを感じることができない
  • 仕事についていけない
キャリアプランを明確にして転職に成功!

自分の今後のライフプランと合わせて、薬剤師として5年後、10年後の自身のプランを立てることも大切となっています。また専門知識を高めたいとして研修体制がしっかりとあるところや、ライフワークバランスを重視し休暇制度が充実しているところ、仕事がハードでも高収入が期待できるところなど求めている職場も明確にしておきたいものです。

そうすることで自ずと自分の条件にあった薬剤師の求人・募集を見つけることができます。また特に人間関係を理由として辞めた方では、会社の風土や環境など徹底的調べたいところでもあります。しかし、自身で調査するには限界としていますので、薬剤師転職支援会社を利用することで専門のコンサルティングが就職先の細かい情報を収集してくれるところも大手では多々あります。

就職の失敗を繰り返すことで、次の雇用先での面接では信用を得ることができないことも予想されます。そして自身においても経験、スキルが中途半端としてしまうことも考えられますので、次回の転職の際には満足できるよう慎重に決めたいものでもあります。

新人の早期退職は薬剤師に限らず見られますが、需要と供給の偏りが薬剤師の増長を促しているとして問題視されているようです。そしていずれ薬剤師不足は緩和するとしていますので、今後は雇われる側の危機感を十分認識する必要もあるとしています。