臨床薬剤師への転職ポイント

年々高齢化が進む社会情勢としており、薬剤師の役割は大きくニーズの高まっている職業としています。目指す若者が増えているとしても人手不足はまだまだ問題視されているようです。その中でも最近よく耳にする臨床薬剤師ですが、関心を高めている人もいるのではないでしょうか。あえて資格を取得する訳ではありませんが、専門性のある職種として今注目されています。

そこで現在の職場で不満がある方やスキルアップを目指している人のなかでは臨床薬剤師へ転職を検討している人も少なくないようです。そこでここではポイントとして業務内容やメリットなど紹介したいと思いますので、今後の参考としてご覧くださいね!

臨床薬剤師とは

薬剤管理指導業務を行う薬剤師を言い、実際の臨床の場に積極的に入り薬剤師の立場として治療に関わります。医療機関からの院外処方箋となる調剤薬局が増え医薬分業の推進と共に、病院薬剤師の業務内容も調剤中心から患者の薬剤管理や指導に変わっていきました。そして診療報酬として薬剤管理指導業務があり、業務を行うことで診療報酬を加算することとなります。

病院、施設によっては役割は異なる?

薬剤管理業務とは薬剤師の立場から入院患者さんに関する薬歴の管理、服薬指導を通じて患者さんに薬に対する理解を深めてもらいます。また患者さんから情報を得て担当医や看護師など相談し患者さんの薬物療法をサポートをしていきます。

そこで総合病院や大学病院など人員を確保しているところでは、より深く薬剤管理指導業務に関わることが出来ます。チーム医療に参加し医師や他のコメディカルとの連携も重要とし、カンファレンスや会議などにも出席することになります。

そのため臨床薬剤師はただ薬の知識があるだけではなく副作用、相互作用など幅広い知識も必要とし、患者さんや他の医療スタッフとのコミュニケーションも大切となります。そして製薬会社、医療研究機関では新薬の開発や薬の研究などに携わることから、高い専門知識が必要とされる業務となっています。

臨床薬剤師のメリット
  • 医薬品に関する知識を深めることができ、更に学べる環境にある
  • 調剤だけではなく薬剤の研究開発や臨床試験など様々な分野で経験が積める
  • チーム医療に参加し薬剤師として提言することもできる
  • 薬剤師転職の際には実績、経験、スキルが評価され高待遇なところへ就職できる

臨床薬剤師の病院での年収はそれほど高くはありませんが、キャリアを積むことで定期的に昇給していき努力次第では役職につき高収入を期待することもできるとしています。そして転職≪臨床薬剤師≫のポイントとしては大学病院などに勤務することで活躍できる場が多く、今後のスキルアップも可能としています。