薬剤師は肉体労働なの?

将来、薬剤師を夢みている人は増えており、現在薬学大に通われている学生のなかでは薬剤師の仕事は肉体労働でもあるの?関心を高めている人もいるのではないでしょうか。外来患者の薬はすべて院内処方であった時代では多くの処方箋を調剤する毎日で、家に帰宅したときには疲労に足がパンパンとなった時期もあったという経験を持つ方もいるようです。

しかし近年では院外処方が当たり前の時代とし、薬剤師の役割は目まぐるしく変化し病院だけではなく調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などにおいても業務に集中できる環境が整っているところが増えているようです。そこで職場別の業務や役割を紹介し、実際、薬剤師は肉体労働であるのか検証してみましたので今後の就職の参考として最後までご覧くださいね!

ママ薬剤師から人気の調剤薬局

患者さんが安全に薬を服用できるようにするのが、調剤薬局薬剤師の重大な役割となっています。また副作用やアレルギーを起こした既往、他の病院から処方されたクスリの有無などチェックを行い問題があれば処方した医師への確認や改善を行います。そして服薬指導として薬の正しい服用方法、薬の説明に保管の仕方まで患者さんに伝え、また疑問にも応えていきます。

そのため調剤の能力はもちろんのこと、高いコミュニケーション能力が要求される職場でもあります。そこで今後の知識の研磨につとめるため社内、薬剤師会の研修など積極的に参加していきます。女性にとって働きやすい体制としていることからママさん薬剤師が多い職場でもあります。

多忙なドラッグストアで高収入が期待!

薬剤師の業務以外にも仕事内容が多く、品出しなど半肉体労働とする場合もあるようです。また店舗で一人勤務としているところもありますので責任は重く多忙とすることもあるようです。しかし他業種と比較すると高収入が期待できるのがドラッグストアとしており、男性薬剤師には人気としているようです。

また調剤も行っているところでは、処方箋薬の知識も必要としスキルアップにもつながるとしています。そしてOTCの販売がメインのためメーカー主催の勉強会などに参加し、かなり詳しくなることもメリットとなっています。

病院勤務で能力アップ

主な業務内容は病棟薬剤、薬剤管理指導、医薬品情報室(DI室)、調剤、医薬品安全管理、治験など多岐にわたり取り組むことになります。またチーム医療にも参加するなど専門知識やスキルアップを望む方には最適な職場でもあります。病院によっては夜勤勤務などもあり、忙しいわりには給与はそれほど高くはないようです。

しかし経験実績、キャリアステップしていくことで役職を得ることができ、年収も更にアップすることも期待できます。また今後、病院から他の職種に転職をする場合には高いスキルがあることから、高待遇で有利に就職することも可能としています。

製薬会社で専門知識を活かす!

新薬の開発・製造から薬品の販売まで多岐に渡る業務としています。研究職、開発職、MR、学術・DIなど部署によっては役割が大きく違ってきます。また年収においては大手企業から中小企業など様々となっており、平均年収が1000万を超えるところがあれば400万としているところなどかなりの幅があるようです。

大企業では新人、中途採用の教育体制や福利厚生が充実しており特に男性薬剤師から人気のある職種でもあるようです。