漢方薬局の就職先でおすすめはどこ?

昨今では病院や調剤薬局で漢方薬を処方されたり、ドラッグストアなどでも棚に並べられ販売されている光景を目にすることができます。漢方とは中国の伝統的な医学とは違く、中国発祥地とし日本で独自に発達してきた医学としています。

そこで漢方薬は複数の生薬の組み合わせで、自然治癒力を高め根本から整えていくものとしています。医療用漢方は医師が診察して処方した上で投与されるとし、一般用漢方は処方せんの必要がない漢方薬となっています。

病院や薬局、ドラッグストアでスキルを高め、活かしながら働ける環境のなか漢方薬局に就職を希望する人も増えているようです。そこで漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得することで今後活躍できるフィールドも広がるとしています。

漢方薬剤師の役割とは?

漢方薬局では漢方相談と調剤が主な仕事内容としています。相談では薬剤師は患者さんのカウンセリングを時間をかけて行い体質や生活習慣を聞き、症状や体質を見極めることから始めます。一般の診察とは違く性格、性質など患者さんのことを詳しい詳細を把握することが大事となり、そのためコミニケーション力も必要となります。

そしてこの情報をもとに患者さんにあうひとつひとつ生薬を組み合わせて調合し、処方します。組み合わせによっては副作用とした危険もありますので、責任は重く生薬と漢方に対する深い知識と経験が求められるとしています。

ドラッグストアで漢方薬の販売、病院の処方箋に基づいて漢方薬を調合・処方するといった業務であれば、薬剤師の資格だけで行うことができます。しかし漢方生薬の調剤・販売を行うには漢方薬・生薬認定薬剤師の資格が必要とし、取得者のみの調合となっています。

薬剤師転職で漢方薬局はおすすめ?

漢方への関心を高めている人も増えているもの、認定薬剤師としている人はまだ少ないようです。そこで薬学部で生薬について興味を持ったという方もおり漢方薬剤師として勤務する人も少なくないようです。また資格取得やスキルアップが可能な職場環境へ転職する人もいます。

今後も需要が高まる漢方薬局での就職は、自信が持てる専門分野としてキャリアアップの経験を積むことが期待できるとしています。また自己研磨に努め常に最新の漢方・生薬情報を活かし相談・調剤・処方に当たることができます。