薬剤師で高収入を得るには

薬剤師の職業は高収入に高待遇と思われている方が多いようですが、会社員と同様に年収が高い人もいれば低い人がいる業界でもあるようです。しかしながら一般サラリーマンの平均年収を上回っていることは事実としていますので、やはりそれなりの収入を得ているのが現状でもあるようです。

そこで薬剤師で高収入を得たいと考えている人も多いのではないでしょうか。特に結婚をして家庭を持てば、一家の大黒柱として稼がなければならず子どもの教育費、マイホーム購入などお金が必要としているのは誰もが当てはまるとしています。また独身の方ではライフスタイルとして趣味を楽しんだりする人も少なくないようです。

いずれも資格を活かし、医療に貢献する仕事で高い給料をもらうことができれば、充実した日々を過ごすことが期待できるとしています。そこで薬剤師の転職を考えている方では人材支援会社を利用することで、あなたにあった年収や待遇の職場を見つけることも可能としています。ここでは高収入≪薬剤師≫を得るためのポイントを紹介したいと思います。

製薬会社で年収1000万!

上位5位としている大手企業では平均年収が1000万を超えるとしていますが、低いところでは400万弱としており会社によってはかなりの差があるようです。そこで高収入を望むのであれば大手製薬会社に転職としたいところでもありますが、就職の難易度が高いところとしています。

そのため新卒、中途採用として毎年薬剤師の募集・求人が実施されているようですが、狭き門でもあるようです。そこで大手企業に特化している薬剤師転職サイトに登録することで、実績経験のスキルがある人ではチャレンジすることも可能としています。

地方薬剤師で高収入!

都市部で働くよりも地方の勤務地とするほうが高い給料としています。その理由として地方での薬剤師は不足としているからとなっています。特に高齢者が多い地域としているところでは深刻な問題としています。そのため手厚い待遇で引越し代や住宅手当の負担は珍しくなく、おまけに借上げ社宅や独身寮など設備が整っているところも多々あります。

年収がそれほど高くないと言われている調剤薬局であっても地方に行けば平均600~800万円としており、都市部との差は歴然としています。もちろん求人数も多くありますのでその中から最も自分に最適な職場を選択することができるとしています。そこで思い切って地方へ転職することで、薬剤師で高い年収を得る一つの方法でもあります。

ドラッグストア店長やエリアマネージャーへ昇格

大手ドラッグストアとなると平均年収が高いところでは700万以上としていますが、逆に低いとしているところもありやはりここでも差はあるようです。しかし比較的高収入が期待できるとして人気のある職種で求人数も多数あります。そこで5年後、10年後を見据えキャリアプランをし、店長やエリアマネージャーなど役職につくことで更に年俸アップが期待できるとしています。

そこで教育体制が充実しているところではスキルを磨き努力することで誰もがそのチャンスを手に入れることが期待できるようです。