営業マンの薬剤師になるには

一般的に薬剤師の仕事と言えば調剤薬局や病院で、患者さんの処方箋を応需し調剤するとしたイメージが濃いとしています。しかし昨今ではドラッグストアや製薬会社、企業においての役割も大きく、特に製薬会社と病院や薬局を結ぶ薬剤師の営業マンとして活躍する光景がみられます。

そこで薬学部生の就活生や転職、復職を検討している方のなかには、営業マンの薬剤師になりたいとして注目している方もいるのではないでしょうか。ここでは薬剤師の営業の仕事、役割など紹介したいと思います。

製薬会社の薬剤師MRってどんな仕事?

自社製品の情報を提供するのが、メインの仕事となり、メディカル・リプレゼンティブを略してMRと言われています。営業マンとなりますのでデスクワークはあまりなく、ルート営業として外勤となります。自社の医薬品を営業しに行く仕事で主に大学病院、国公私立病院、開業医、薬局など医療施設を訪れ情報を提供します。

医薬品の特長、有効性、副作用、使用上の注意など医師や薬剤師に学術論文、パンフレットを用いその医薬品を認めてもらえるように十分な説明をしていきます。そしてMRは医療用医薬品に関して、専門の知識が必要とし認定試験があり合格することで信頼も厚くキャリアを積み上げていくことができます。

また営業と言えば接待がつきものと考えてしまいますが、意外にも少なく学術的・企画的側面からアプローチするスタイルとなっているところもあります。そしてエリアマーケティングや講演会・研究会の企画から予算申請なども業務の一つとして様々な業務の役割があります。

そのためやりがい、達成感を求めている方にはおすすめとなっており男性に多い職種となっています。そして製薬会社の薬剤師MRの年収は高いとされており、頑張り次第では更に給与にも反映することもありモチベーションアップにもつながるとしています。

そしてグローバル化が進む社会情勢でもありますので、大手企業では海外営業MRの薬剤師求人募集としているところもみられ世界で活躍することも可能としています。

OTC医薬品営業で薬剤師の資格を活かせる?

一般医薬品の営業マンでは薬局やドラッグストア相手の商談となります。OTCの営業は本部のバイヤーとの商談、各店舗のラウンダーとして顔を出し、販促品を置いて行ったり新商品の紹介をしたりします。そして店舗担当者との関係構築などコミニケーション力も必要となります。

OTCには認定資格はありませんので医学、薬学知識が必要なのはどちらかといえばMRとなります。薬剤師の資格を活かし今後更にスキルアップを望むのであればMRの方が期待は大きいかもしれないようです。