デスクワークで働きたい方へ

近年では薬剤師の業務内容も変化しつつ、一般的には調剤薬局で患者さんの処方箋に応じて調剤し服薬指導などが主な仕事でもあります。そのほとんどが立ち仕事となりますので、特に門前薬局や人手不足としているところではイスに座る時間も少ないとしているところもあるようです。ですので以外にもハードワークとした仕事内容でもあるようです。

そこで今、薬剤師のなかにはデスクワークを求める人も増えています。もちろん知識は必要としており、コミニケーション力も大切とし外資系企業では英語能力を求められることもあるようです。しかし座りながら業務に取り組むことができますので魅力のある業種でもあるようです。そこでどんな業務内容としているのか、どんなところで募集をしているのか関心を高めている人もいるのではないでしょうか。

デスクワークの薬剤師求人は正社員よりもパートや契約社員としての募集が多いようです。そのためママ薬剤師からは人気としている職種でもあるようです。

企業の管理薬剤師

業務内容はDI、製造販売後の安全管理(PMS)、薬事教育、品質管理、、薬事関連届出業務などのデスクワーク中心となっています。

メディカルコールセンター

一般的なコールセンターとは違い、こちらから電話をすることはなく電話の相手は医師、調剤薬局・病院の薬剤師、自社MRなどの医療従事者が中心となっています。担当製品にもよりますが1日の電話対応数は平均20~30件としており新薬の発売直後などは多くなるようです。プロジェクトチームごとに担当する製薬企業や領域が決まっており、担当の分野に対して医薬品情報を提供していきます。

また医薬品やサプリメント等に関するお客様からのお電話、メールでの相談対応とした業務もあります。

治験実施専門クリニックでの薬剤師業務

治験薬の保管管理(搬入、投薬補助、割付、回収、返却)、治験依頼者などとの各種打ち合わせ出席、監査などの対応、その他治験に関わる一般業務

企業の管理薬剤師

業務内容はDI、製造販売後の安全管理(PMS)、薬事教育、品質管理、薬事関連届出業務などのデスクワーク中心

大手製薬企業のお客さま相談室

DI(医薬品情報管理)業務担当として薬剤師、医師、および一般の方に安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイス

薬剤師デスクワークはこんな方におすすめ!
    • 子育てママさん

仕事と育児・家庭を両立していきたいというお母さんは土日休みで残業が少ないところを望む人が多くいます。

    • ブランクのある方

子育てに一段落し薬剤師業務に不安を持っている方はパートなど短時間での勤務も可能としています。

    • 体力に自信がない人

これまでの立ち仕事に限界のある方や病後復帰の方にはおすすめでもあります。