70代の薬剤師転職で注意するポイントは?

現在では20代~70代の薬剤師の方が患者さんや医療貢献に従事しています。資格を取得するには、薬学大4年制から6年制へと変わり学費もかなりかかるとし、国家試験に合格することが条件としています。そして薬剤師のニーズが高まっていることから30代、40代にして挑戦する人も見られます。また一般のサラリーマンと比較しても年収は高めで、転職の際においても有利としていますので人気のある職業としています。

そこで普通の会社員には難しいとされている高齢者の転職も可能としています。そこでここでは70代の薬剤師の転職で注意するポイントを紹介したいと思います。まだまだ体力、知力にも自信がある高齢の方は、今後の参考としてご覧くださいね!

まずは転職活動では薬剤師転職サイトを利用する!

さすがに20代、30代、40代の薬剤師転職のように求人数が多くあることはありません。そのため70代の転職は自身で探すにはかなり難しいとされているようです。そこで活用したいのが薬剤師専門の人材支援会社となっています。専門のコンサルティングが年齢や条件、待遇など考慮して条件にあったところをピックアップし紹介してくれます。

そして就職するまで全面的にサポート、アドバイスをしてくれますので頼りとなる存在でもあります。しかも無料となっていますので、今後も医療に携わり貢献したいという方はぜひ登録することをおすすめします。そこで70代の薬剤師転職の注意点として、これまでと同じような年収を求めることは難しいということを承知しておくことも大事でもあるようです。

転職した職場では新入社員の気持ちになる!

実際に70代の薬剤師の方が転職に成功し、働いている姿もみられます。気難しく思われることもある高齢者でもありますが、これまでの経歴や実績、スキルなど押しつけることなく謙虚に協調性がある方では人間関係も良好で長く働くことができるとしています。そこで70代の薬剤師の方が転職で成功するには、新入社員の気持ちで新たな職場に早くに馴染むことも大切としています。

そして自身の体力の限界を承知し無理することなく、可能な時間で集中して業務に取り組む姿は若手にとっては良い見本でもあるようです。また時にはこれまでの経験を活かしアドバイスなどすることで、他の薬剤師にとっては人生の先輩の意見として勉強になることも多々あるようです。長寿大国日本としていますので、今後多くの高齢者薬剤師の働く光景が増えることも予想されるのではないでしょうか。